103号室

オタクです 文章を書きます

つらつらと

 

 

 筋肉少女帯を聞いてはツイッターでポエムを投稿したくなって、でも我慢する(ときどき我慢できなくなる)毎日を過ごしています。最近はサンフランシスコ10イヤーズアフターが堪らないですね。どうですか? 本当に何もない毎日ですが、それでもしなければいけないことというのはありまして、後々それに追われるのも馬鹿馬鹿しいのでそのしなければいけないことAに取り掛かるのですが、そうするとまたしなければいけないことBに殺されるのでもう嫌です。何かに追われながら生きるのって苦手なんですよね、社会向いてね~。

 もうぼくは人生で必要なものは三つまで絞れており、その三つとはエロゲ・ネット・書物なのですが、それらは工夫次第で結構安く楽しめるので良いですよ。ぶっちゃけいろんな要素がネットの中に集約されてるんですが、まあ置いといて。エロゲなんかは新作追ってると結構高い趣味ですが、古い作品でめちゃくちゃ安い中古もあるので良いですし、ネットはプロバイダとかの経費で済みますし、本も中古で買えます。まあエロゲは斜陽って言われてるので中古ばっか買ってると好きなメーカーやライターが死んでしまうのでアレですが。個人的には昔っから斜陽斜陽言われ続けてでもまだまだ作品は出続けてるので、まあ何とかなるんじゃないかな~と思ってます。「石油があと〇〇年で枯渇する!」的なアレといっしょで。

 で、安くて面白いエロゲは数多くあるのですが、個人的におすすめしたいのは君が望む永遠俺たちに翼はないToHeart2あたりですかね。この辺のゲームは現行のOSでも十分動きますし、なにより超有名作なので出荷数が多く、そのぶん中古がかなり安いので結構入門にいいですよ。セールとかのタイミング次第ですが、多分どれも1000円行かないと思いますし、上記の中でもおれつばはぼくの考え方に結構影響を及ぼした作品ですので特にやってほしいです。作品に影響を受ける、というのは、それが作品である以上十分にあっていいですし、その影響を受けた作品がなんだろうと、それを誇りと思えるならそこには貴賎はないです。誇りとは思えないようなことも誇るべきです。ゴミだろうとモナリザだろうと、それが尊いと思えたものは尊いのです。誰が何を言おうと、自分の主観と価値観を大切にして生きてください。これは自戒です。何が言いたいかというと、つまり、パソコン持ってるオタクならエロゲ一個はやっとかないと損ですよ、という話でした。終わり

 

 

 

さよならを教えて ~comment te dire adieu~ [CRAFTWORK]