103号室

オタクです 文章を書きます

本格的にどうしようもなくなってきた

 

 どうしようもなくしか生きられない人間がどうしようもないままでも生きていける環境は必要ですが、どうしようもなく生きていない人間視点だとその環境は好んでどうしようもない生き方をしていると見られてしまい怒られが発生し、どうしようもない。

 ぼく自身、現時点で大きくどうしようもない側へかじ取りをしてしまってるんですが、どうしようもない人間を受け入れてくれるようなところが今の段階で見つけられてなくて、本当に焦っている。

 どうしようもない人間を受け入れてくれる施設として最も期待してるのが、このブログで死ぬほど話題に挙げているシェアハウスなのだが、そのシェアハウスも見つけられていないし、かといって設立しようにもノウハウが全くわからない。本当に助けてほしい。

 そういうわけで、今、なんとかノウハウを掴み上げようと、どうしようもない系シェアハウスの代表的なイメージとして浮かび上がったPha氏の本を読み漁っている、というわけなのです。おもしろ~

 その中で語られてるシェアハウス本当に面白くて、まあなんといっても格安で都内で暮らせるのがいいですね。生活様式とかはまあそりゃあペイ相応のものなんでしょうけど、田舎生まれ田舎育ちにとってはその部分に感じる魅力はとても大きいです。まあ面白いって言っても、書籍向けに面白成分を多めに振ってるだけで、その分辛さとかもあるんでしょうけど。それでも、人生は長いですから一回は経験してみたいな、と思いますね。

 とりあえず最近は、シェアハウスみたいな、想像力の向こう側(笑)へ行けないようなどうしようもない奴らを受け入れるような施設ないですかね……。って感じで毎日泣いてます。ウエーン助けて

 

 

 

さよならを教えて ~comment te dire adieu~ [CRAFTWORK]