103号室

オタクです 文章を書きます

この漫画が可愛い!10選

 初はてなブログです、よろしくおねがいします

 

 

 先日、二か月に一度くらいの頻度で来る「可愛い漫画を買いたい」という発作のため涼川りん先生の作品を二つ、「あそびあそばせ」「りとる・けいおす」を買いました。この漫画はぼくの「可愛い」衝動を十二分に満たして余りあるほどの作品でぜひ読んでほしい、ついでに今まで読んだ可愛い漫画についてもこの際何作か紹介してしまおうと思った次第です。気になったら是非買ってね、買わないと作品が終わっちゃうから…。

 

・あそびあそばせ 涼川りん 

f:id:kousatenkun:20160514123857j:plain

 先述した漫画その1です。表紙の子金髪でかわいいですね…。表紙でわかる通り画力は相当高いです。「遊び人研究会」という部活(非公認)に属する女子校生三人が日本のあそび、たとえば羽根突きや指相撲などで遊ぶ、というのがおおまかなあらすじになります。ここまで書くとなんかきらら系列のようなゆるふわ~な感じに見えますが全然そんなことないです。少し前にツイッターで話題になって数万RT言ってましたね。こういうツイートをする際はきちんとリンクを張るようにしましょう(自戒)

 

 

あと関係ないですが表紙の金髪の女の子はひどいワキガです。Web漫画なのでGoogleの使い方が分かれば最新話も読めますよ!最近再版かかったそうなので本屋でも買えそうです。

ここで読めます→ ヤングアニマルDensi

 

あそびあそばせ 3 (ヤングアニマルコミックス)

あそびあそばせ 3 (ヤングアニマルコミックス)

 
あそびあそばせ 1 (ジェッツコミックス)

あそびあそばせ 1 (ジェッツコミックス)

 
あそびあそばせ 2 (ヤングアニマルコミックス)

あそびあそばせ 2 (ヤングアニマルコミックス)

 

 

 

・りとる・けいおす 涼川りん 完結済

f:id:kousatenkun:20160514123942j:plain

 その2。これもまたとんでもない表紙詐欺漫画です。あそびあそばせはまだ中身も表紙のようなキャラが出てくるんですが、こちらはもうキャラデザからして表紙と全然違います。鼻と口がない独特のキャラデザでかなり人を選ぶデザインだと思います。でもそんな簡略化に簡略化を重ねたようなデザインでもキャラクターの表情は豊富でそこだけ見てもとても可愛いです…。肝心の内容はというと先述したようなキャラデザインの小学生数人のすこし(頭が)おかしい日常、といった感じです。

f:id:kousatenkun:20160514124154p:plain

なかなかに強烈な内容

 

結構な下ネタが頻出するので苦手な人は注意、そうじゃない人は絶対読め!

 

りとる・けいおす : 1 (アクションコミックス)

りとる・けいおす : 1 (アクションコミックス)

 
りとる・けいおす : 2 (アクションコミックス)

りとる・けいおす : 2 (アクションコミックス)

 

 




・ギリギリアウト ソウマトウ 

f:id:kousatenkun:20160514124405j:plain

 可愛いんですが内容、というか設定がひどい(ほめ言葉)。結構特殊な内容ですがたぶんラブコメですね。出てくる女の子のキャラに癖がありすぎるけどそれが可愛くて癖になる、って感じです。言うのも憚られるので公式のあらすじを引用しておきます。

入試をトップの成績で合格し、アイドルと言っても通じるような容姿をもつ、宮ヶ瀬ハナには緊張するとおもらしをしてしまうという誰にも言えない秘密があった。そんな悩めるハナに触れた相手の尿意を鎮めるという能力(?)を持ったソラとの運命のような出会いが訪れる!

 あとキャラの名前の元ネタは日本にあるダムの名称です。キャラ名は内容を呈す。

ここで読めます→ 

Webコミック | 月刊コミック電撃大王公式サイト

 

 

ギリギリアウト(5) (電撃コミックスNEXT)

ギリギリアウト(5) (電撃コミックスNEXT)

 
ギリギリアウト (4) (電撃コミックスNEXT)

ギリギリアウト (4) (電撃コミックスNEXT)

 
ギリギリアウト (2) (電撃コミックスNEXT)

ギリギリアウト (2) (電撃コミックスNEXT)

 
ギリギリアウト(1) (電撃コミックスNEXT)
 
ギリギリアウト (3) (電撃コミックスNEXT)

ギリギリアウト (3) (電撃コミックスNEXT)

 

 

・黒 ソウマトウ 完結済

f:id:kousatenkun:20160514124601j:plain

 先の「ギリギリアウト」の作者の、となりのヤングジャンプで連載してる作品ですね。これもWeb漫画なので調べれば読めます。「ギリギリアウト」とは全然絵柄が異なり、こちらは淡い彩色で「少女」を描いています。作者のツイッターでも「絵柄を分けるのが大変」とよくぼやかれてます。

内容は、表紙でなんとなくわかるように、一人の女の子と猫のような「何か」との交流、という感じです。しかしそれは序盤のみ。後半になるにつれ、作品を読むと積もっていく「何か」への不信感をうまく利用した、ダークファンタジー的な側面を見せ始め、そして徐々に読者側を曇らせていく過程は見事としか言いようがありません。カラーページも多く収録されており、イラスト集としての楽しみ方もできるため、Webで読めるから、と満足せずにぜひ購入して、紙媒体でもってそのイラストと内容を堪能してください。

ここで読めます→

となりのヤングジャンプ : 黒

 

 

黒─kuro─ 3 (ヤングジャンプコミックス)

黒─kuro─ 3 (ヤングジャンプコミックス)

 
黒─kuro─ 1 (ヤングジャンプコミックス)

黒─kuro─ 1 (ヤングジャンプコミックス)

 
黒─kuro─ 2 (ヤングジャンプコミックス)

黒─kuro─ 2 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

 

 

追記

 こないだ発売された三巻で完結しました。まとめ方もよくできており、可愛い、そして完成度の高い漫画です。ぜひ手に取っていただけたらと思います。

 

 

 

・シャーリー 森薫 

f:id:kousatenkun:20160514125033j:plain

 「乙嫁語り」「エマ」で知られる森薫先生のライフワークともいえる、長期的に不定期に掲載している作品です。13歳のメイドであるシャーリーとその雇い主であるベネットの日常を描くものです。森薫先生の「メイド」という存在への異常なこだわり、執念をこれでもかというくらいに味わうことができます。

f:id:kousatenkun:20160514125125j:plain

↑なぜか孤独のグルメ井之頭五郎とのコラがたくさんある

 

シャーリーの、「メイドとしては優秀だが人間としてはまだ半人前」な状況から、いろいろな失敗やベネットさんとのやり取りを通した成長を見守ることが我々の使命であり本懐、また現在地球に生を受けた意義であると再確認できる作品です。とってもかわいい。孤独のグルメと一緒に。

 

 

シャーリー 1巻 (HARTA COMIX)

シャーリー 1巻 (HARTA COMIX)

 
シャーリー 2巻 (ビームコミックス)
 

 

 

孤独のグルメ 2 (SPA!コミックス)

孤独のグルメ 2 (SPA!コミックス)

 
孤独のグルメ【新装版】 (SPA!コミックス)

孤独のグルメ【新装版】 (SPA!コミックス)

 

 

 

・左門君はサモナー 沼俊 完結済

f:id:kousatenkun:20160514125422j:plain

 ジャンプで今も連載されているギャグ漫画です。卑怯かつ小物のサモナーである転校生・左門君が、学校で天使と言われている天使河原さんを地獄に落とそうとする話です。パロディ、顔芸と様々なギャグが入っておりパロディに関しては光るものを感じます。

 この作品を「可愛い」という観点から語るうえで外せないのが「アンリ・マユ」というキャラクターです。

f:id:kousatenkun:20160514125514p:plain

恋する乙女は可愛い。

 

ゾロアスター教における絶対悪とされる悪心もこの作品の中ではぼっちコンプレックスを拗らせた褐色ツインテールという属性モリモリいたいな存在です。実際、彼女の登場で掲載順がぐっと上がった印象があるので人気キャラクターなんでしょう。彼女はもちろん最近登場した天使河原さんの妹などほかのキャラクターもめちゃくちゃ可愛いのでぜひ手に取ってください。

 

左門くんはサモナー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

左門くんはサモナー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 


 

・ゆらぎ荘の幽奈さん ミウラタダヒロ

f:id:kousatenkun:20160514125647j:plain

 恋染紅葉で作画を担当していたミウラタダヒロ先生の今ジャンプでやってるラブコメです。ヒロインは幽霊、座敷童、酒呑童子、化け猫、忍者と濃い面子となっています。

f:id:kousatenkun:20160514125849p:plain

対魔忍ではない

 

まあ俗にいうToLOVEるでえすね。こないだ始まったばかりなので話の内容の評価はあまりできませんがなんといっても絵が可愛い、これです。恋染紅葉も当時のジャンプラブコメ三本同時連載時代の中で一番好きでしたし…(その次に好きだったのはパジャカノ)。というわけで結構期待しています。単行本一巻は6月4日発売!

 

 


 

(追記) 

今週号で感度3000倍になりそうなスーツ着てました

f:id:kousatenkun:20160516223859j:plain

 

 

・悪魔のメムメムちゃん 四谷啓太郎

f:id:kousatenkun:20160514130121p:plain

 せっかくなのでジャンプ系列からもう一本。といってもこちらは週刊少年ジャンプのウェブ漫画、ジャンプ+の読みきりです。ファイアパンチを読んだとこですね。とても可愛い作品のでついでに紹介します。恥ずかしがり屋でしかも幼女体系な悪魔がなんとかしてなんとかしようとする漫画(全年齢)です。めちゃくちゃ後ろ向きな性格なんですがその後ろ向き加減がなんというかリアルでいいですね…。

f:id:kousatenkun:20160514130311p:plain表情が可愛い

絵もとってもかわいいので、読めるうちにぜひ読んどいてください。画像は僕の好きなコマです。

 作者のツイッターが漫画投稿するたびに数千RT行って有名になっていってるので今後が楽しみです。

 

ここで読めます→

plus.shonenjump.com

 

 

 

追記 

 人気があったのか連載が決定していました。なかなか面白かったのでとてもお勧めです。ファイアパンチや家電ちゃんだけでなくこの漫画も読むリストに加えていただけたらと思います。

plus.shonenjump.com

 

 

 

 

 

・乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ 大西巷一 全六巻

f:id:kousatenkun:20160514130336j:plain

 実際の史実であるフス戦争に巻き込まれた少女を中心とした歴史漫画です。表紙でわかるとおり可愛いですね。

f:id:kousatenkun:20160514130527j:plainわかる

しかしまあ戦争ものなのでそりゃあもう話が重いです…。まあフス戦争を扱うからには取り上げなきゃいけないこともあるんですがその辺の描写も逃げずにきちんとやり遂げているのでけっこう好感持てます。その辺は実際に手に取って確認してください。実際何にも言ってない気がするんですが、①可愛い②重い③キツイの三つを楽しめるのならぜひ手に取ってください。

 

 

 

(追記)

この記事を大西先生に捕捉されました、うれしいですありがとうございます!

 

 

 

・ガールズアンドパンツァ―リボンの武者 野上武志×鈴木 貴昭 全四巻

f:id:kousatenkun:20160514130655j:plain

 大ヒットアニメ「ガールズアンドパンツァ―」のパラレルワールドを描いた、キャラデザインなどで本作に携わった野上武志の作品です。表紙で「可愛いか…?」とお思いでしょうが安心してください、きっちり可愛いです。道理や作法を重んじる戦車道とは正反対の、半ばゲリラ戦のような強襲戦車競技(タンカスロン)を取り上げ、それを得意とするオリジナルキャラクターの主人公とアニメでおなじみのキャラが戦うって感じの内容です。作中でいい子だったあのキャラもこのキャラも例外なく平野耕太藤田和日郎ばりの極悪顔を披露してくれます。

f:id:kousatenkun:20160514130734j:plain

ダージリンもこの通り

 

頑張る女の子の可愛さを確認できる作品ですが、水島監督が「好きにやるといい」といったばっかりにやりたい放題な感じあるので、それが苦手じゃないガルパンファンは必読です。

 

 

 

以上です。(癖がすごい)可愛い漫画10選でした。このほかにも薄花少女はねバドなど、いろいろと気になる漫画があるんですが読めてないので…。「可愛い漫画なのにあれがないぞ!」とかは勘弁してください。お願いします。

どうでもいいんですが「可愛い 漫画」で検索するとえっちな漫画の情報がめちゃくちゃ引っかかりますね。これは大変に遺憾なので今後もたくさん可愛い漫画情報を発信して一般紙で埋まるようにしましょう。可愛い漫画好きな少年少女のために。

筆者はロリババア専門誌を応援しています。オワリ

 

 

 

 新しく書きました

kousaten16g.hatenablog.com