103号室

オタクです 文章を書きます

辛い

 

 今回はいつも以上に推敲なしで思ったままに文章を書いていきます。

 

 

 心というものは肉体と同じで、定期的なストレッチをしないと凝り固まって動かなくなってしまうもので、それが実感できているということはもう手遅れになってしまったということであり、いま現在とても苦しいのだが、それはそれとしてやらなければいけないものはやるしかないのが人生だ。しょうもな~

 

 

 ぼく個人としては長生きする気なんて全くなく、むしろ長生きとか若い世代に迷惑じゃありません?クソみたいな世の中とっとと死んだほうがマシだ、と今考えているので別に「老後困るぞ」みたいな脅しをされても全くピンと来ないんですがどうなんでしょうね? まあ仮に長生きしてしまったんならそれはそれでするんですが。余生を楽しむなんて年取って体も満足に動かない時にこの世を楽しもうってことでしょ? そんなん勿体無さ過ぎるでしょ若いうちに楽しいことは楽しいと思ってやった方がいいでしょ馬鹿なのか? とよく思ってしまう。

 

 

 「義務教育後は余生だ」って言ってたのは誰だっけ? その理論で行くとぼくはもう余生を生きていることになるが、今現在とても辛く苦しく思っているのでくそったれだ。余生は余生らしくのんびり過ごさせろ、バカバカ

 

 

 スーツを着るという行為がもう無理になってきた。スーツなんて囚人服の一種だろ、哀れな囚人どもめ。鎖につながれた雨間一生を過ごせばいい。スーツを毎日着るくらいなら野垂れ死んだほうがマシという考えが日に日に強くなっていく。よくない。

 

 

 ともあれ人生は続いていくし、続いていく以上は生きねばならない。ぼくはよくTwitterで死にたいとか言っちゃうが、その反面自分で命を絶つ、ということは絶対にしてはいけないと思っている。生きているのなら生きなければいけないし、それだけは何も持っていないクソ人間であるぼくの最後の矜持だ。なるべく、死なない。これを頭に常に入れていきたい。

 

 

 最後に、大好きになった小説『電気サーカス』(唐辺葉介)の一節を引用して終わりにする。

 

元気なのが一番だ。とにかく長生きするのが重要で、あとは大した問題じゃない。幸福であるにしろ、不幸であるにしろ、何をおいてもまず第一に、生きなければならないのだ。

 

 

 

 

 

 

シェアハウスがしたい

 

 

 ぼくの中のシェアハウスのイメージは、主に『電気サーカス』(唐辺葉介)とザ・ノンフィクション(6/18 6/25放送・会社と家族にサヨナラ・・・ニートの先の幸せ)から主に形成されている。両方とも、健全に育ち平凡な心で順当に育った健常人間ならば拒否反応を起こしてしまいそうなものだが、ぼくはこの二つで営まれているシェアハウスがどうしても羨ましくてたまらなくなる。

 

 

 『電気サーカス』内で営まれているシェアハウスは、もう本当にどうしようもないもので、定職に就いていない若者たちが酒やドラッグ等に溺れ、自堕落な生活を送っている、というものだった。テキストサイトを通じて出会う人間たちは全員が全員どうしようもなく、有体に言えば真性のクズだった。その、ほっといたら一人で死んでしまいそうなクズたちでも、仲間と寄り集まって暮らすことで、なんとか生きていたし、それに、なんだか楽しそうだ、と作品を読んでいて感じた。シェアハウスにありがちな、やっていきの概念はそこには全くなく(メンヘラはやっていきを感じると最悪死にます)、生きていればそれでいい、というゆるいルールが、本当に心地よさそうだった。世間一般からは住人同士の共依存関係だ、メンヘラの集まりだとか言われそうですが、社会や会社に依存している人が何言っても無駄なのです。貧しくても苦しくても、ぼくはそれで楽しければいいのです。苦しくなくて楽しいのがベストですが。

 

 

 ザ・ノンフィクションで取り扱われていたシェアハウスもまた、住人たちは楽しそうだなぁ、と感じた。楽しいのが一番だと思う。社会で生きていて楽しいのであればそれでいいし、社会で生きていて苦しいのなら社会で生きていかなくてもいいんじゃないなあ。ぼくは基本的に自分が楽しければ、赤の他人からはどう言われてもどうでもいいタイプなので、放送当時Twitterに現れた物申すマンも笑いながら読んでいた。そして、そんな物申すマンのいる社会に嫌気がさしてしまった。

 

 

 ここまでシェアハウスへのイメージと厭世観をだらだらと書いていたが、要するにぼくはシェアハウスがしたいのだ。「夢に向かって一直線!今は助走期間!」みたいなシェアハウスじゃなくて、もっとどうしようもないもの。お互いが過干渉でなく、気楽に暮らせて、さらに趣味も若干合うといいなあ、程度の。「弱い者は集まっていると死ににくい」とPha氏は言っていた、そんな弱い者が寄り集まったところに行きたい。そしてなにより、シェアハウスは安くて都会に住めるので良い。人生のうち一回は、どうしようもないシェアハウスに住み、バイトでもしながら、ずるずるだらだらと暮らしていきたい。そんなんができるのも若いうちだけだろうなあ、と思う。誰か誘ったり誘われたりしてください。よろしくお願いします。

 

f:id:kousatenkun:20170809094016j:plain

 

さよならを教えて ~comment te dire adieu~ [CRAFTWORK]