読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

103号室

オタクです 文章を書きます

この漫画が可愛い・改(2017年5月)

 

 

・はじめに

 

 気づいたらブヨグ開設から一年たってました。最近は忙しくて完全に放置していたんですが……。備忘録というか大学のサークルの活動としてしょうもない文章を部誌に書いてるのでそれをネットにも置いといたらなんかなるかなぁ~って思って始めたんですが予想以上のアクセスがあってびっくりです。漫画、終ノ空デビルマンの順で人気ですね。さっきアクセス解析見たら投稿時全く反響がなくて割と悲しかった筋少の記事のアクセスがちょろっと伸びててうれしかったです。

 

 一年経つと漫画は新しいのが始まったり終わったりでだいぶ様相が変わります。ここで原点回帰ってことで、2017年5月時点での個人的に好きな最近の漫画をいくつか上げたいと思います。斜に構えたオタクなので手品先輩とかは紹介しないです。久しぶりすぎて完全にブログの書き方忘れました。

 

 去年の↓

kousaten16g.hatenablog.com

 

 

 

・柚子森さん/江島絵里

f:id:kousatenkun:20170513182428p:plain 

 

 あらすじ(公式HPより)

柚子森さんと、みみか。

白くて、小さくて、華奢で、凛としている小学生の女の子と、
彼女にどうしようもなく惹かれてゆく意気地なしの女子高生との、
そわそわ&ほんわかな日々のお話。

 初めに紹介するのは、初公開時にツイッターで話題となり、百合界隈に留まらず漫画好きにはもう知られまくってる作品『柚子森さん』。ロリ×おねですね。おね×ロリではないと思います。でも話題になったとき一話は読んだけど追ってないキッズも多いんじゃないでしょうか?

 

 序盤はおね側のキャラクター・みみかの視点でロリ・柚子森さんに対する思いだとか葛藤とかを描いていたんですが、最近の展開では2巻の後半あたりを転機に、それまでよく描写されなかった柚子森さんの思いが明らかになり……ってかんじですかね。個人的には今すぐショートアニメ化してほしい漫画ナンバーワンです。

 

 序盤と最新二話は公式ページで読むことができますが、個人的には今公開になってないところが大好きなので、ぜひコミックスを買ってほしいです。全二巻。買え!

↓公式HP

yawaspi.com

 

↓Amanzo

 

 

 

・明日ちゃんのセーラー服/博

 

 あらすじ(公式HPより引用)

舞台は、田舎の名門女子中学・私立蠟梅学園(わたくしりつろうばいがくえん)。
この学園のセーラー服を着ることが「夢」だった明日小路(あけびこみち)。
少女の「夢」の中学生ライフがついに始まる♪
広がる、緑豊かな田園風景。ゆっくり流れる青春時間。
田舎×中学生×セーラー服「友達100人出来るかな?」
俊英・博が、柔らかなタッチで贈る優しい学園物語…入学です♪♪

 

 フェティシズムに溢れすぎている一作です。これはもうストーリーを楽しむとかそういうのでないので試し読みでもいいから読めとしか言えませんが、個人的にはかなり好きな作品です。凄まじい観察眼と描写力とこだわりって言うんですかね、凄すぎて気持ち悪いって域に達してます(誉め言葉)。

 

 これは完全に余談なんですが、TSUTAYAの在庫検索でタイトルを検索してもヒットせず、「これもしかして一般書店には入荷しないやつか?」ってなってました。在庫検索で「明日ちゃんのセーラー服」ではなく「明日-あけび-ちゃんのセーラー服 」で登録されてたせいですね。こういう地味な不便さが実店舗の本屋の衰退の原因なんだよな!ハァ~クッソ!!

 

↓公式HP

www.tonarinoyj.jp

↓Azoman

明日ちゃんのセーラー服 1 (ヤングジャンプコミックス)

明日ちゃんのセーラー服 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

 

・ラストピア/そと

 

 あらすじ(公式HPより)

 ある日リッタ・ロンネが目覚めるとそこは見知らぬ島「エオニオ島」だった。 さらに記憶喪失で自分が何者かもわからないけど、変わった島民達は優しくあたたかくて…。 不思議な島でのやさしくてせつない毎日をお届けします。

 

 普段あまりきららの漫画って読まないんですがこれは大好きな作品です。きららのようなキャピキャピな漫画誌(偏見)で衰退・退廃・交流がテーマとかされたら好きにならない斜に構えたオタクはいません。 

 

 これに関してはプロ同士多く語らない。「白髪褐色ロリいいよね」「いい…」

 

↓公式HP

まんがタイムきらら - 作品紹介ページ - まんがタイムきららWeb

↓Azanom

ラストピア 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

ラストピア 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

 

 

・なんくる姉さん/原作・久米田康治、漫画・ヤス

なんくる姉さん(1)

 あらすじ(公式HPより)

 いろんなことが気になりすぎて、つい当たり障りのない人生を送ってしまう「気にしい」の青年・木西一茶(きにしいっさ)。悩める彼はある日、何事にも堂々としてブレのない、謎めいた褐色美女と出逢う。一茶はそんな気になる彼女をストーキング(!?)するのであった‥‥! 『じょしらく』の久米田康治&ヤスが再びタッグを組み、情報過多の世の中をなんくるナイズする、南国“風”コメディ、開幕さー!!

 

 「じょしらく』の久米田康治&ヤスが再びタッグを組み」とあるので、まあ、そういうことですね。その一文で解説されつくされてる気がするので、これ以上言うことあまりないです。褐色メインヒロインもっと流行ってほしいですね。

 

↓公式HP

漫画『なんくる姉さん』公式ページ « ヤングマガジン公式サイト|無料試し読みと作品情報満載!

Anazom

なんくる姉さん(2): ヤンマガKCSP

なんくる姉さん(2): ヤンマガKCSP

 

 

 

魔法少女のカレイなる余生/晴瀬ひろき

 

 あらすじ(公式HPより)

 魔法少女を夢見る「しじま」は、念願の養成学校へ編入。しかし、しじまに割り当てられたのは、引退した元・魔法少女たちが暮らす寮だった! 引退した元・魔法少女は歳をとらず、永久の時を生きるうちにいろいろと残念になった彼女たちとの同居生活の中で、しじまの未来はどうなる…!? きららMAXで大人気の不憫で愉快な日常、待望の第1巻登場です!

 

 普段あまりきららの漫画って読まないんですがこれは大好きな作品です(二回目)。駄目人間の美少女が好きにならないオタクはいません。

 

 中でも個人的には神代ミミというキャラクターが好きです。物腰や言動は優雅なんですが、無類の酒好きで、労働が嫌いでお馬さんに財産を突っ込む絵に描いたようなダメ人間な一方で、魔法少女としての実績は歴代最高クラス、敵の軍勢を単騎で蹴散らした英雄として教科書にも名前が載っている、また歴史上、魔法少女に2回なったことがある唯一の人物、という、完全に少年漫画好きなオタクの心をガッチリつかんで離さない設定を持つキャラクターです。

f:id:kousatenkun:20170513192502p:plain

これアタシじゃん……

 

 宣伝に結構力入ってる気がするんでたぶんそのうちアニメ化するんじゃないですかね。楽しみ。

 

↓公式HP

まんがタイムきらら - 作品紹介ページ - まんがタイムきららWeb

↓Anzamo

 

 

・番外編 双亡亭壊すべし藤田和日郎

f:id:kousatenkun:20170513192945p:plain

 あらすじ(公式HPより引用)

 東京・沼半井町に佇む屋敷「双亡亭」は大正時代より存在し、幽霊屋敷として噂されていた。近隣に住む凧葉 務は、「双亡亭」に引っ越してきた少年・緑朗と仲良くなるが、緑朗はその家で父を亡くす。そんな折、45年前の行方不明機が飛来し、中から一人の生存者・凧葉青一が現れる。緑朗と青一は共に双亡亭への復讐を誓い、入院中の病院を脱出。しかし政府に保護され、協力を求められる…
 一方、空爆でも壊れない双亡亭に対し、総理は莫大な報奨金を懸けて破壊者を募り、双亡亭破壊作戦を開始する。だが参加した強力な破壊者たちは、次々と双亡亭内で肖像画に引き込まれ、絵の餌食となっていく… 作戦に参加した凧葉と紅も同様に、屋敷の中で自分の肖像画を発見し引き込まれる。しかし、自らの絵から生還することに成功した凧葉はかろうじて紅を救いだし、二人は双亡亭の謎へとさらに突き進む…!
 双亡亭の絵は、何者かが見た者の身体を乗っ取るための[通路]だという… 奇怪に満ちた屋敷「双亡亭」。叫ぶ声も亡失する、戦慄のスペクタクル・モダン・ホラー!!

 

 可愛いとはかけ離れた漫画なんですけど、どうしても紹介たかったのでここで。言わずと知れたジュビロ先生の新作です。あらすじが長いのはしょうもない駄作か練り込まれた設定のどちらかなんですが、あのジュビロ先生の事なのできっと後者なのでしょう。

 序盤は真っ当なホラーとして、得体の知れない屋敷「双亡亭」の怖さを描くんですが、話が進むにつれ物語のスケールがアホほどでかくなり、物語は宇宙まで飛躍します。クトゥルフもののような宇宙的恐怖をうまく描いていると思います。まだ追える巻数なので是非購入してください。

↓公式HP

websunday.net

↓Azamon

 

 

 

 

 去年みたいに10個も挙げられなかったけどネタが尽きたのと飽きてきたのでこのへんで終わります。ぼくは可愛い漫画大好きなので、Twitterでも可愛い漫画情報を常時募集しています。就活中で鍵つけてるけど良かったらフォローしてね(@Atama_reverse_)。そもそもこんなブログ更新してる暇があったら就活やれって話ですね。オワリ

 

 

 以下は関係ないけど最近読んでよかった本です

 

エロゲー文化研究概論 増補改訂版

エロゲー文化研究概論 増補改訂版

 
電気サーカス

電気サーカス

 
サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う- 公式ビジュアルアーカイヴ

サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う- 公式ビジュアルアーカイヴ

 

 

 

 

 

けものフレンズに感化されたオタクがわんぱーくに行ってきた話

 

 タイトル通り、けものフレンズにドハマりしたオタクが感極まってサーバルキャットを見に行ってきた話です。思ったより近場にサーバルキャットがいることを知った次の瞬間には行くことが決定していた感じですね。

 

※素人がiPhone5s(古い)で撮った写真しかないので技術とかがアレです※

 

f:id:kousatenkun:20170221222655j:image

 路面電車で行ったんですが、最寄りの駅からも10分ほど歩く必要がありました。んで、観覧車が見えたのでその方向に向かって歩いてたら見つけた臨時出入口です。ここから入りました。ペイントで作ったみたいなブッサイクなマスコットがいい味出してます。

 

f:id:kousatenkun:20170221222818j:image

滝です。

f:id:kousatenkun:20170221222841j:image

鯉です。

f:id:kousatenkun:20170221222906j:image

はとです。

 

 わんぱーくの動物園の方に入るまでにこれだけ写真撮ってることからもわかると思うんですが、オタク2人が遅刻してました。6人で行く予定だったんですが、4人しかおらず、とりあえず飯食うかとわんぱーくのレストランであるレストランわんぱくに行きました。

f:id:kousatenkun:20170221223052j:imagef:id:kousatenkun:20170221223100j:image

わんぱく・ランチ

 美味しかったです。お子様ランチは案の定「わんぱくランチ」という名前でした。

 

f:id:kousatenkun:20170221223313j:image

 飯を食った後少し待つと遅れたオタクと合流したので動物園に入りました。以下、ゲームけものフレンズに実装されてるけものを中心に、わんぱーくにいた動物をまとめて行きます。

 

f:id:kousatenkun:20170221223328j:image

 これは多分わんぱーくちほーのラッキービーストです。ぼくには反応してくれませんでした。悲しい。

 

サーバルキャット

f:id:kousatenkun:20170221223420j:image

f:id:kousatenkun:20170221232401p:plain

 園内に入るとすぐ、目的のサーバルキャットがいました。見た目完全に猫でしたか、デカさが全然違うって感じですね。思ってたのより一回りくらい大きかったです。多分戦ったらギリギリ勝てます。

 

タヌキ

f:id:kousatenkun:20170221223837j:image

f:id:kousatenkun:20170221232525p:plain

 寝てました。3時間半くらいいたんですがずっとこの体勢でした。夜行性だからでしょうか。サーバルちゃんも夜行性なのはずなのですが、アニメ本編ではかばんちゃんに生活を合わせてるの最高に百合ですね。タヌキは車に轢かれてるのを地元でよく見るので戦ったら余裕で勝てます。ぼくは車に轢かれたことないですから。

 

ヤマアラシ

f:id:kousatenkun:20170221224034j:image

f:id:kousatenkun:20170221232618p:plain

 これも思ったよりでかいですね…。想定よりふた回りくらい大きかったです。日差しが心地よかったのかずっと寝てました。ぼくも飯食ったばかりなので眠かったです。針が怖いので戦ったら勝てないと思います。

 

トラ

f:id:kousatenkun:20170221224724j:image

f:id:kousatenkun:20170221233040p:plain

 でかいし勝てないです。大人しくて、思ったより猫って感じだった。観察してたらすごいこっち見ながらうんこしてた。くさそう。こっちもうんこするとこすごい見てた。これは勝てない。

 

ジャガー

f:id:kousatenkun:20170221224839j:image

f:id:kousatenkun:20170221233003p:plain

 一瞬グロい感じのアレかと思ったんですが、なんか咥えてるだけでした。可愛い。でも勝てないです。

 

ライオン

f:id:kousatenkun:20170221224956j:image

f:id:kousatenkun:20170221233105p:plain

 こないだの六話で活躍したライオン。の雌。これもちょっと勝てそうにないですね…。寝てる姿は猫っぽいですがやっぱりでっかいです。感動。

 

シマウマ

f:id:kousatenkun:20170221225303j:image

f:id:kousatenkun:20170221232933p:plain

でっかいです。が、全然動いてくれませんでした…。勝てるかどうかは武器次第って感じですね。素手では無理。

 

ツチノコ

f:id:kousatenkun:20170221225454j:image

f:id:kousatenkun:20170221233136p:plain

 ツチノコ………ではなくなんとかかんとかトカゲツチノコに見えますね。多分ツチノコもこういうトカゲとかなんかを丸呑みした蛇なんかを見間違っただけなんでしょう。多分。しらんけど。

 

チンパンジー

f:id:kousatenkun:20170221225618j:image

f:id:kousatenkun:20170221233225p:plain

 中に人が入ってるとしか思えませんでした。チンパンジーって足組んでくつろいだりするんですね。高所から尿を撒き散らしてました。普通に怖い。あと思ってたイメージが某番組のパンくんとかだったので、そのイメージよりめちゃくちゃでかい。これは勝てないです。

 

ワオキツネザル

f:id:kousatenkun:20170221230021j:image

f:id:kousatenkun:20170221233316p:plain

かわいー!フレンズの方のワオキツネザルも可愛いですね。百烈しっぽふりふりすき。

 

ハクビシン

f:id:kousatenkun:20170221230110j:image

f:id:kousatenkun:20170221233357p:plain

 なんかすごい体勢に見えますが、多分二匹います。顔がめちゃくちゃアホっぽくていいですね。間違ってもタヌキやアライグマなんかとは見間違うことはないんですが、イタチだとちょっとわからないでもないかなって感じです。

 

メガネカイマン

f:id:kousatenkun:20170221230405j:image

f:id:kousatenkun:20170221233421p:plain

ワニやんけ!と思ったんですけど、かなりのミニサイズ。頭を抑え込めれば勝てます。どのへんがメガネでどのへんがカイマンなんでしょうか?カイマンってなんですか?

 

オオサンショウウオ

f:id:kousatenkun:20170221230716j:image

f:id:kousatenkun:20170221233536p:plain

 なんかへんな場所にいて写真撮れなかったので、かわりに、ちょっと前にツイッターで話題になったオオサンショウウオの餌として投入されたが、オオサンショウウオから逃げ切りかなりのサイズになった金魚の写真です。こちらの攻撃を全て読んで回避されそうなので案外負けそうな気もします。

 

ショウジョウト

f:id:kousatenkun:20170221233940j:plain

f:id:kousatenkun:20170221233554p:plain

 鳥からも一枚。ショウジョウトキちゃん。残念ながら、鳥インフルのアレがアレで鳥のコーナーには入ることができなかったので、そのコーナーの外から撮影しました。残念ながら歌を聴くことはできなかったのですが、漫画版で歌が下手という描写があったので多分下手なんでしょう。

 

 

以上が、わんぱーくこうちけものフレンズ関連の動物です。他にも孔雀とか亀とかムササビとかいたんですが、写真写りが悪くて破棄しちゃいました……。この続きは君の目で確かみてみろ!ってことでお願いします。

 

ふれあい広場でヤギもみた。本当に瞳孔が横向きで感動しました。f:id:kousatenkun:20170221231259j:image

 また、わんぱーくには動物関連以外にもちょっとした遊園地的なものもありました。トーマスの乗り物やパンダの乗り物に、今年大学卒業の22歳のオタクが乗るという光景はなかなか面白かったです。

 

f:id:kousatenkun:20170221231516j:image

 誰も乗っていない観覧車はまるでけものフレンズEDのようで感動しました。せっかくなので白黒。

 

 

 長々と書くのもあれなんでここまでにします。

f:id:kousatenkun:20170221231821j:image

 最後に、わんぱーくのすぐ外で見たこの世の掟について書きます。「つよし」というこの単語、感じにすると「強し」であり、つまりこの世は弱肉強食、ということなんでしょう。わんぱーくに行って動物を見たことで、「この動物には勝てる」「これは勝てない」とずっと思っていたのはこの弱肉強食の掟がもたらした本能的なものなんでしょう。この世界には、勝ちと負け、という概念が、自然界でも人間の世界でも、どうしても生まれてしまいます。生まれたからには、どうせなら勝ちの人生が送りたい。自分の生き方、生活、人生に価値(勝ち)を見出せるのは自分だけです(うまい)。「つよし」という言葉を胸に、わんぱーくを去りました。とても楽しかったです。オワリ

 

 

宣伝

わんぱーくこうちはなんと入場が無料!タダでいろんな動物が見られるのでぜひ足を運んでね!高知駅からずっと南、路面電車が走ってるのでそれに「桟橋五丁目」まで乗ってください。そっからすぐです!

公式サイト↓

わんぱーくこうち オフィシャルサイト

 

 

 

 

 

 

 

 

自己スキーマ【初回限定盤】(CD+グッズ)

自己スキーマ【初回限定盤】(CD+グッズ)

 

 

漫画版もお勧め。特にトキとツチノコが好きな人におすすめ。