103号室

オタクです 文章を書きます

大槻ケンヂ平ジェネFINAL出演にあたって絶対聴くべき三曲

 

 

 昼寝から覚めたらこんなツイートが回っててぶっ飛びました。大槻ケンヂ仮面ライダーの映画に出演するってすごいですね~。ライダーファンにオーケンの味がある(オブラート)演技を魅せて欲しい。でも敵役だと適役な気がしますね。うまくない

 

 で、知っての通り大槻ケンヂはもともとロックバンドをいくつかやってて、たくさんの曲をリリースしてるわけなんですが、まあそんくらいリリースしてたらそりゃ今の状況にぴったりな曲くらいあるよねって感じで三曲ほど紹介したいと思います。それではさっそくいってみよう!(キズナアイ)

 

1.かってに改造しても良いぜ/特撮

www.youtube.com

 もろに仮面ライダーを意識した一曲。バンド名も「特撮」でなんかぴったりです。メロディが良すぎて泣ける。「その手を その目を 何より 心を」とか多分退場シーンで流れたら泣きます。

 

2.機械

www.youtube.com

 もうほぼキャラソンじゃないか!?みたいな一曲。この曲を聴くと、「敵」として出るオーケンの見方も変わって、映画を見る目もピリッとしてくるんじゃないでしょうか。顔の半分が機械に覆われているという、メカ戦極凌馬を彷彿させる仮面ライダーの科学者らしい見た目に「機械」というタイトルがぴったりだと思います。

 

3.日本印度化計画

www.youtube.com

 たぶん今回の平ジェネの敵の目的は日本印度化計画です。

 

 

 

 

 以上です。実際に聞いてほしいので簡単な紹介になりました。意図があってのことなので手抜きじゃないです。この三曲を聴けばけっこういい感じに平ジェネFINALに臨めるんじゃないでしょうか。

 多分映画自体はここで挙げた三曲とは全然関係ない内容になると思うんですが、まあこういう楽しみ方もあるよってことで。個人的にはオーケンファンへのファンサービスを期待したいと思います。オワリ

 

 

 

2017年秋アニメ20本 一話の感想

 

 

 お久しぶりです。今期はアニメをたくさん見ようと思って、アニメをたくさん見てます。いっぱい見てる気がするので、せっかくだし感想を簡単に書いていこうと思います。よろしくお願いします。口ぎたなくなっちゃうかもしれないけど、極力ディスらないようにするし、もう好みの問題だと思うのであまり怒(おこ)りを発生させないでください。よろしくお願いします。

 面白かったのから順に紹介していきます。上から、◎+、◎、◎-、〇+、………、△-、×、虚無です。最初は〇△×でまとめてたんですけどいっぱい見てたら細かくなっちゃいました。ごめんなさい。では◎+から。

 ここでは、個人的に推していこうと思えるアニメ5本を中心に書いていこうと思います。5本分感想書いたら途中で飽きたとか決してそんなことないです。

◎+

少女終末旅行

 

 ザ・雰囲気アニメって感じですね。退廃した世界の中で女二人がうろつくってコンセプトの時点でもう100点です。何もかもが終わった世界での、何かが起こりそうで起こらない日常を描いたって感じですかね。もともと原作をちょくちょく読んでて結構好きだった作品なんですが、アニメに際し原作の雰囲気を損なうことなく、かつ、音がついたり絵が動くことによる原作からの昇華も見られかなりいい。勿論原作もアニメにはない独特のエモさがあっていいのですが。この辺は語彙力不足です。

 で、期待して待ってた作品が期待通り、むしろそれ以上の原作愛に溢れたつくりをしていたのでもう満点しかないなって感じで◎+です。

 

 

キノの旅

f:id:kousatenkun:20171014160947j:plain

 

 懐かしくて良いですね。旧アニメは雰囲気は出てたんですが、キャラデザが黒星紅白絵とはすこしかけ離れててアレだったのが気になってしまってアレでした。今回は原作絵にすっごい忠実でかなり良い。ズヴィズダー、ポッピンQプリンセス・プリンシパルとかなり高水準の黒星絵アニメが続いててめちゃくちゃ嬉しいです。この辺のアニメは、黒星絵再現ももちろん、話のクオリティも全体的に高くてGood。キノの旅みたいな、説教臭くなるギリギリのラインで物語を作っていくっていうのはかなり難しいので、時雨沢さんすげえな~って再確認しました。才能ない人がこういうの作ると、著者の思想そのままキャラがしゃべっちゃうんですよね~の流儀です。

 本編は◎+でも全然問題なかったんですが、少女終末旅行のOPとEDが好きすぎてどうしても差別化したかったためこんな感じです。◎++と◎+でも良かったんですがなんかFateみたいだなあって思ってやめました。どうでもいい話でした。

 

 

妹さえいればいい。

 思考実験がクソしょうもなかったんですが、良い作画と良いデザインの声優金本寿子のキャラがえっちな台詞を言うので満点です。人は時々、しょうもないことで脳内の採点基準がバグることがあります。気を付けましょう。

 

○+

ブレンド・S

 加点方式だと12億点、減点方式だと0点のアニメです。なぜならクソオスが出てるから。男が出るのはコンプライアンス違反でしょ!的な。ですが人生は加点方式なので12億点ですね。OPが良い。ぼくはOPの「Smile,Sweet,Sister,Sadistic,Surprise,Service!」のあとに「SEX!!」と叫ぶためにこのアニメを観ています。多分嘘です。

 

 

血界戦線&BEYOND

f:id:kousatenkun:20171014163216p:plain

TVアニメ「血界戦線 & BEYOND」公式サイト

 一期からスタッフがかなり入れ替わってて大丈夫かよ~って感じだったんですが、展開の勢いとかがスピーディになっててよかったです。ボンズの作画力もフルで発揮されてたと思います。わかりやすい優等生アニメですね。DAOKOと岡村靖幸のEDもGOOD。個人的には変に長編を入れず、最終話までこち亀やっててほしいです。

 

 

 

 

 今期5本おすすめするならこんな感じですね。無難です。これ以降はもう本当に簡単に書いていきます。飽きてませんよ~書く書く。

 

 

評価:〇のアニメ

アイドルマスター SideM

 普通に面白いですね。優等生アニメですが、何分僕は男でイケメンを眺める趣味はないので、血界戦線からはちょっと落ちます。が、何分普通に面白いのでたぶん市長は続けます。

宝石の国

 世界観や作画がきれいでいいですね。一話時点で話に若干ついていけなかったのでこんな評価ですが、設定理解したらもっと上がると思います。今後に超期待。

アニメガタリズ

 オタクサークルのアニメです。次回予告とか観るとなんかよくわからん方向に話を持っていきそうで怖いんですが、まあ一話だけならこんな感じ。パロディ元が分かりやすくて良かった。

 

評価:〇-のアニメ

このはな綺譚

 面白い!ということはないんですが、顔のいい女がわちゃわちゃしてるのを何も考えずにみられるので良い。百合に評価が甘い。

 

魔法使いの嫁

 作画がよかった。話はまあこれからに期待って感じですね。ファンタジーファンタジーした画面作りもよく、流石映画をTV向けに再編集した系アニメって感じ。奴隷オークションで異形に優しくされて好きになっちゃう~的な夢女子感がもう少し抜けてたら個人的にはもっとよかったかも。

URAHARA

 一話時点で話は分かんないんですが、独特のキャラデザインと背景美術がかなりすきでこんくらいの評価。春奈るな声優初挑戦!とかやってて結構不安だったんだけどまあ大丈夫でした。

つうかあ

 この女の子はこの女の子とセックスしています!というのがわかりやすくて良かった。作画も美術も音響もそこそこよかったのですが、一話の構成が本当に最悪だったので非常にもったいない……。

ドリフェス

 男のアイドルものなんですが、話がほぼ女児アニメで良かったです。一話時点だとアレだったけど二話でめっちゃ笑ってしまったので評価上げちゃった、許して………。

 

評価:△+のアニメ

結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-

 普通に普通でした。こんくらいの評価だと本当に言うことがなくて困る。

王様ゲーム

 眠すぎて曖昧な意識の中で懐かしいな~と思いながら見れたのでよかった。キャラも変わいかった。

 

評価:△のアニメ

ラブライブ!サンシャイン!!

 作画が良いしOPのCGもいいんですが、なんというか「過剰」って印象を受ける演出がかなり苦手です…。わざとらしいというか芝居がかってるというか……。アイドルがドラマに初挑戦!って感じでした(可能な限りオブラートに包んだ表現)。

 

評価:△-のアニメ

干物妹!うまるちゃんR

 これも、自分の趣味と合わなかったな~って感じです。面白くはある。

十二大戦

 一話時点だとちょっと大丈夫か?ってくらい引き込まれなかったんですけど、二話観るとと結構面白いじゃんってなってきました。まあ一話の評価なのでこんくらいで……。

 

評価:×のアニメ

Dies irae

 一億円集めたエロゲアニメ。エロゲアニメであることと、一億円集めたってことの二点で結構楽しみだったんですけど、その楽しみを裏切られた反動でアレです。もはやギャグにしか見えない戦闘シーンのあとの出資者リスト開示はもう感情があふれ出てしまった。二話は結構よかったので安心しました。

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件

 下ネタが売りのアニメなのにタイトルで処女ビッチが使えなかった時点で終わってるでしょ感が凄かったんですが、内容もまあアレでした。可愛くないキャラが下ネタを言っても腹立つだけなんですよ!!!!!!!!!!主人公もDL数2くらいの下手クソな同人CG集の竿みたいなデザインでアレ。悠木碧が普通の歌を歌うようになったのも悲しかった……。

 

評価:虚無のアニメ

DYNAMIC CHORD

 スマホ太郎を超えたと方々で言われているアレですね。詳しくは他のブログやTwitterで流れてくるでしょう。フラッシュを思わせるライブ作画と、物語の進行と一切関係ないライブシーンは逆に必見。

 

 

 

 

 今期みてるのは以上です。ほかに再放送を何個かって感じですね。このアニメ全部観太郎を通して、自分が大してアニメが好きじゃないんだなってことに気付きました。ハッピー!オワリ

 

 

さよならを教えて ~comment te dire adieu~ [CRAFTWORK]